2010年春 盲導犬パピーがやってきました♪ どんべえの10ヶ月の記録です!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パピーウォーカーになりたい その④
2010年01月21日 (木) | 編集 |
2010年 春 パピーウォーカーをはじめることになりました。

まだ パピーちゃんは、手元にいませんが

これから はじまるにぎやかな日々を綴っていきたいと思います。




申込用紙を投函して まさかぴーす2日後に 盲導犬協会から お電話を頂くとは思っていなかったので、驚きました~ びっくり

『 2月には、お預けしたい仔が いるのですが… 』

も・も・もちろんいいに決まっているのですが、(実は、しゅじんがまだ賛成していません~)とも言えず…^^;

『 週明けにお返事します。』と言って電話を切りました。


娘と娘のお友達とマカロンマカロンマカロンマカロンを作っている最中でしたが、嬉しいのと、どうやってしゅじんに話そうか 頭の中がグルグル。

パピー2010 001

 マカロンが手につかない状態でした。



夕方 『 3人で パパを 説得しよう!』 と言うことになり、 イザ! 

機嫌の良さそうな お風呂を出た後を 狙っていたら ゴロゴロ 寝てるし! ← 早っ!

『 ママ! どうするの? 』 

『 うっ… ここは ひとまず 撤退! 』

次の日 再度 挑戦!

『 なーちゃん 言ってよ~ 』 『 ママが言ってよ~ 』 『 じゃあ 息子くん!』 『 ママ 言って! 』

しゅじんが 『 しびれを切らしたように… なに? 』

『 あの~ パピーウォーカーしたいんだけど… もう 盲導犬協会からも、電話があったの… 』

ひといきおいたしゅじん  息子くんにむかって

『 弟妹みたいに ちゃんと可愛がって、あげるんだぞ! 』

  それだけ?

意気込んでいただけに、肩すかしを喰らったような… まぁ~ここは素直に わ~い!きゃー!

この日は、【 家族が一致団結 】した気がします。


次の日 委託をお受けする返事の電話をしました!


                  これから、迎える準備も 楽しくなりそうです

                                             準備編へ つづく

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村    ↑ポチっとお願いします!
スポンサーサイト


パピーウォーカーになりたい その③
2010年01月18日 (月) | 編集 |
2010年 春 パピーウォーカーをはじめることになりました。

まだ パピーちゃんは、手元にいませんが

これから はじまるにぎやかな日々を綴っていきたいと思います。




2009年 8月  娘が小学4年生 息子くんが2年生になりました。

前回は、娘が3年生になる前の春休み。 福祉センター内での盲導犬体験講座でした。

今回は、夏休みなので 福祉センターから参加者全員でバスに乗り、名古屋の中部盲導犬協会の訓練センターへ初訪問しました。

パピー2010 007

息子くんは、 盲導犬体験講座 初参加です。

友人のワンちゃんと遊んだりしているので、怖がることはありませんが 私が付き添わないので不安らしく

何度も 『 ママ! 盲導犬ってほえないよね? 』たずねてきます。 


帰ってきた時、訓練犬の おとなしく、かしこく、健気に仕事をする姿に すっかり とりこになった息子くん。

『 ママ! 盲導犬ってスゴクかわいいね! パピーウォーカーやりたい! 』

えっ! 思わぬ展開! でも 嬉しい~! ぴーす

実は すでに 申込用紙を 取り寄せていたんで~す!かお


あとは しゅじんを 説得せねば…

しかし 『 1年後、別れる時に 子供たちがかわいそう。あまり賛成できない。』 と

あっけなく 断られてしまった。 こうなると何を言っても無理。

まだ現実でない話で もめるのもイヤなので ここはいったん諦めました。

まじめな しゅじん きっと 盲導犬候補の委託=責任重大 と思い 即決しなかったと思います。

とは言っても、大型犬が好きですし、そろそろ犬を飼いたいと思っているハズ!


事あるごとに 『 パピー したいな~ 』と 訴えてきました。


それから、半年後…   え~いっ! 機は熟した これで ダメなら パートに出るぞ~



2010年 1月 

お正月 早々に(縁起がいいかも!) 申込用紙を ポストへ投函 ~ 

娘は、ポストに向かって、拝んでおりました。 

                    どうか… いつか… パピーウォーカーができますように…


投函してから 2日後…

娘と娘のお友達と マカロンマカロンを作っておりました。

そこへ 電話が鳴り アーモンドプードルを混ぜまぜしてベタベタな私。

『 なーちゃん 出てくれる~!』

『 あっ… ハイ… ちょっとお待ちください… ママ… うきょ 』 小躍りしている娘


ぬぁんと~  あの 中部盲導犬協会から お電話があったのです。

ひぇ~ びっくり   うそ! うそ! うそ~っ! (歓喜!)

                                             その④へつづく

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村    ↑ポチっとお願いします!

パピーウォーカーになりたい! その②
2010年01月13日 (水) | 編集 |
2010年 春 パピーウォーカーをはじめることになりました。

まだ パピーちゃんは、手元にいませんが

これから はじまるにぎやかな日々を綴っていきたいと思います。







子供達が成長するにつれ、手狭になった我が家。

姑・猫3匹と別れ、スープの冷めない距離に引っ越しました。


2006年3月

娘が年長の時  町の文化センターで 『クイール』の上映会がありました。

この頃、年少の長男は、犬は吼えて、うるさく、怖い動物。 と思いかけていました。

いつか 犬を飼うときの為に、恐怖心を取り除いておきたかったし、

盲導犬に興味を持ってもらいたい私は、すぐに整理券をもらいに行きました。

クイール


映画館とは違い、真っ暗ではなく、非常誘導灯の明かりが気になりました。
                       ↑ 仕方がないですよね^^;

その為かスクリーンの色が薄めで、少々、観づらかったように記憶しています。

小さな長男には、大人の会話のシーンは、理解できなかったと思います。

犬が出てきて、盲導犬の映画というのは、なんとなく分かったようです。



2008年 3月

娘が小学2年生の時 福祉センターで盲導犬体験講座があり お友達と参加しました。

パピー2010 001


パピー2010

                       ↑ ちゃんと聞いて メモして 感心!感心!yo shi


『 ママ! オリーブと歩いたんだよ! 』

写真を撮っていただき 喜んで帰ってきました。

パピー2010 006

なんとなく かなしげな オリーブ?   一緒に歩いてくれて ありがとうね!

                                           その③へつづく

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村     ↑ポチっとお願いします!
  

パピーウォーカーになりたい!その①
2010年01月13日 (水) | 編集 |
はじめまして!

2010年 春 パピーウォーカーをはじめることになりました。

まだ パピーちゃんは、手元にいませんが

これから はじまるにぎやかな日々を綴っていきたいと思います。


 申し込みをした経緯を紹介します。
私が主人と結婚した当初、連れ子ならぬ連れ犬が2匹と連れ猫が2匹おりました。

アフガンハウンドで10歳のアーシャと、ミックスの中型犬16歳のマロ
捨て猫の日本猫6歳と7歳の2匹でした。

ミックスのマロは16歳で、白内障が出ており、オムツもし、
部屋の中をクルクルと徘徊していました。
姑が世話をしていたので、すぐに赤ちゃんを妊娠した私は、あまり
犬達とコミュニケーションを取る事はありませんでした。

長女・長男が生まれ、さらに老犬になった犬達2匹。
娘の記憶の中には、うっすらとあるだけ。
アフガンのアーシャと雪の日に散歩した写真だけが
彼女とアーシャが過ごした記録となりました。
2年下の長男には、我が家に犬がいた記憶は、全くないようです。

娘とアーシャ

マロは19歳。アーシャは16歳でこの世を去りました。

子供達が小学校に上がるころには、猫はなぜか1匹増え、3匹になっていましたが
犬は、その後いないまま 子供達中心の生活になっていました。

外食に出かける夕暮れ 近所のワンちゃんの吼える声を聞きながら
『また いつか 犬(アフガン)を飼いたいな。』主人がつぶやきました。
『そうだね。 私も飼いたいな。子供達がもう少し大きくなったらね!』
星空をみあげていた主人でしたが

レトリーバーが大好きな私は、この頃から、もし主人と犬種でもめたら
1年だけでもレトリーバーのお世話ができるパピーウォーカーをしたいな~ 
と、ひそかに考えていたのでありました^^

                             その②へつづく
にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ ←ポチっとお願いします!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。